うえしまさんの備忘録

うえしまさんの活動の備忘録をここに淡々と書いていきます。ジャンルは色々ですが、主にIT関連の記事を書きます。

送別会で8.6秒バズーカをやった感想

1.背景

会社の部の送別会で何か盛り上がる企画をすることになり、準備も手軽な漫才をやることになりました。
出し物でやる漫才と言えば、流行りのものをやるというのが定石なので、クマムシか8.6秒バズーカが候補に上がりました。まぁ大人数でやって盛り上がりそうな方がということで8.6秒バズーカに決まりました。
 

2. 8.6秒バズーカについて


【公式】8.6秒バズーカー『ラッスンゴレライ』 - YouTube

今年に入り話題になっている漫才コンビです。結成して1年くらい?という話です。オリエンタルラジオを彷彿とさせます。”ラッスンゴレライ”という言葉のリズムに乗せながら、ボケとツッコミを入れる。ネタの基本的な構成としては、”ラッスンゴレライ”という意味がわからない言葉に対してツッコミを入れていきます。昔に話題になった”あるある探検隊”、”藤崎マーケット”ににているように感じます。

 小気味のいい”ラッスンゴーレライ”という言葉とリズムは一度聴くと記憶に残ります。加えて、漫才の技量の一つと思われるツッコミの間合いを8拍子のリズム感で補っているので、素人でもマネがしやすいように思われます。ただ、漫才の構成としてオチがないので、忘年会等で行うには終わり方が課題となります。

3.事前準備

コンテンツ(ネタ作り)

彼らがやっているものをそのままコピーしても良かったのですが、彼らの劣化コピーに過ぎないため、ネタの内容を身内ネタにしました。

今回はコンテンツの検討時間に余裕がなかったため、課題となっていたオチの部分は本家と同じようにしました。

当日の準備物

黒サングラスを購入。赤い衣装の購入も検討しましたが、企画は自腹なので費用面を考慮して見送りました。

4.反応・感想

まぁ構成を身内ネタにしたため、そこそこウケました。まぁやってみて思ったのは、ネタの構成を検討する際に、ボケとツッコミとしては面白いんだけど、リズムに合わないからボツになるものが多くて残念だったなぁと思います。まぁ今年一杯引っ張れるかどうかかぁと思います。