読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うえしまさんの備忘録

うえしまさんの活動の備忘録をここに淡々と書いていきます。ジャンルは色々ですが、主にIT関連の記事を書きます。

 大三病生活49日目「夏は暑いな」

スケジュール

時間 内容 備考
起床 9:00 寝つきが良くない
1コマ なし オフィスが空いてなくて泣いた
2コマ なし ブログ巡回
3コマ なし ヘルプ作り
4コマ なし ヘルプ作り、調べ物
5コマ なし 会議
6コマ なし レポート
帰宅 21:00 まぁこんなものですね

成果(笑)

  • レポート1件

今日の反省・感想

所属する研究室に女性が来るというだけで若干昂奮している自分が居て、何だかきもかった。落ち着居たほうがいい。最近の生活環境から思うと世界の半分が女性であることを忘れる。世界の半分は女性なのだ。落ち着かなければならない。
あとは、ヘルプ作りの為にいろいろと競馬の方式を調べたりしていた。いろいろと計算式がでてきたので、やはり社会調査の研究室に入ったからには数学をやり直さないといけないと今日も思った。この夏は、忙しすぎて目が回りそうである。

今日のトピック

ネットワーク外部性の経済分析
ネットワーク外部性 - Wikipedia

電話などのネットワーク型サービスにおいて、加入者数が増えれば増えるほど、1利用者の便益が増加するという現象である。利用者が増えることによって、ますます利用者が増えるという、正のフィードバックが発生する。

競馬の物理
パリミュチュエル方式 - Wikipedia
ブックメーカー方式 - Wikipedia
ブックメーカー - Wikipedia

ブックメーカー(bookmaker)とは、主に欧米における、賭け事の胴元である

ギャンブルの数学

ブログを巡回していたらネットワーク外部性という言葉を見つけたので調べてみた。先生の授業でやった気がしたけれど、完全に忘れていた。確かそれに関する書籍は先生が持っていたので時期が来たら借りたい。今は読むべき本が溜まりすぎて渋滞を起こしているので次回にする。
あと、競馬に関する事を調べていた。日本ではパリミュチュエル方式を使っているらしい。これは主催者が絶対に損をしない方式らしいよ。とりあえず総掛け金の数パーセントを主催者がいただいていくらしい。
逆にブックメーカーは胴元がそれぞれ自分で配当を示して賭けを行うらしい。イギリスはこのタイプを採用してるようだ。これも随分と前に先生が言っていた気がした。ただ実際にどういった賭けの内容で行なわれているのか不明なのでこれも先生に聞いてみたい。確かサイトがあった気がしたけど忘れた。

うんちっち。

追伸

この週末がいろいろとピークだけどがんばろう!