うえしまさんの備忘録

うえしまさんの活動の備忘録をここに淡々と書いていきます。ジャンルは色々ですが、主にIT関連の記事を書きます。

第三病生活12日目

時間 内容
起床 8:00
1コマ なし
2コマ レジュメ,勉強会資料作成
3コマ わたあめ会
4コマ モラルデザイン論演習
5コマ 経営会議
6コマ おめでてー研ゼミ


こんなスケジュールだった。


モラルデザイン論演習ではいつもどおりディベートをやりました。
お題目は「ロールズの格差原理は妥当(正当化、筋が通っている)か?」だった。格差原理はよくわからないのでなんとも言いにくいのだけれども、
「もっとも不遇な人に最大便益をもたらす」
という考えらしい。まぁみんなスタートラインはいっしょにしようよ。って感じらしい(間違っていそうなのでなんとも言いにくい。)
この考えは友愛の考えによってもたらされている。他人が幸福なら自分も幸福っていう考えによって成り立っているらしい。ゲーム理論的にも理にかなっているんだったかな?無知ヴェールが働いてる状態では人間がどの地位になるかわらないのでリスクを避けるために皆が平等になるように富を分配するという感じだったと思う。(これ持論かもしれない)
2つのグループ(妥当派と非妥当派)に分かれてやったけれど、今回も理解が薄いせいか身近な問題に話がいってしまっている感じはした。また、高いレイヤーでの論点が展開されていてもっと低いレイヤー(自由、平等)とかそういう社会的基本財に関する議論がなかったのはちょっと残念だった。でも僕が想定していない問題も出たりなんかして面白かった。スタートラインを一緒にするといってもスタートラインの位置取りが難しい。スタートラインの設定を間違えれば、競争の勝者が不当に扱われてしまうので、もしロールズの理論でもって政策を行うときはそのラインの置きどころが非常に難しいと思った。


今日はこの辺で。ではでは。